生まれつきの障害

症状の特徴

男女

コミュニケーションや対人関係などが苦手とされている発達障害は、おもに自閉症やアスペルガー症候群、学習障害やチック障害、注意欠如や多動性障害なども含まれています。そんな発達障害は個人差も大きく、一人でいくつかのタイプの発達障害が見られることなどもあります。そして症状を判断するための反応や行動としては、一人遊びが多かったり、おとなしくてつねに受動的といった人との関わり方をします。また集団行動は苦手で、一つのことに集中すると周囲が見えなくなるくらい集中しますが、興味がないことでは集中力がなく、落ち着きがないという特徴もあります。他にも大きな音や運動機能の調整が苦手だったりすることもあり、話は流暢でも一方的であるために、会話のキャッチボールは難しい傾向があります。そして作業が極端に遅かったり、極端な偏食であるといったケースなどもあります。このようにさまざまな特徴がありますが、こういった特徴は一般的な社会生活を実施する上では、やや困難になってしまうというケースも見られます。もっとも障害がちゃんと認識されて周囲のサポートがあれば、ごく普通に生活をすることも可能となります。そのためには早期発見と適切な医療や訓練などといった療育が大切となります。

配慮方法

発達障害はその人によって障害の種類や程度も異なっているために、基本的な療育は、医療機関の心療内科などを受診しても良いですが、他にも市区町村の窓口や発達障害者支援センターなどを利用して、相談してみると良いでしょう。もっともそういったこと以外にも、まずは個人の特徴への理解と配慮も大切です。たとえば発達障害の人は普通の人が出来ることができなかったり、苦手だったりすることもよくあります。しかしだからといって決して叱ったりしないようにしましょう。どうしても注意したい場合は、その努力を認めてほめた上で、出来ないところはどのようにすればできるのかといったようなことを、具体的に伝えるようにしましょう。そのために短い文で順番に教えるようにしたり、写真や絵といった画像を使って説明するといったことがお勧めです。他にも大きな音や人込み、光などを苦手とするケースでは、そのような刺激の少ない安心できる環境を整えてあげることも良さそうです。また暗黙の社会的ルールなども理解していないことが多いので、そういったことは注意や叱るといったことではなく、具体的にどうしたらよいのかといったことを、はっきりと伝えて教えてあげることも大切です。