症状に気付いた時の対処法

症状の特徴と詳細

女性

発達障害とは、人が成長していく段階で身につく能力が一般の人より後れている症状のことを言い、幼児の段階で発達が遅れている場合、特に支障は感じられないために発達障害は見落とされることは良くあり、首がしっかりする時期や一人歩きの時期、話す時期が遅れることにより気付くこともあります。発達障害とは全ての人が同じ症状を発症するのではなく、自閉症やアスペルがー症候群、多動性障害や学習障害など、人によって症状が異なり、知的障害を併発する場合もあります。自閉症とは友人との対人関係やコミュニケーション能力の障害のことで、子供の場合、友達の輪の中に入ることができなかったり、言葉を話せるようになるのが遅くなるのが特徴で、症状が軽い場合はアスペルガー症候群と診断される場合もあります。次に多動性障害ですが、症状として集中力が無い、落ち着きが無いなどがあります。子供の場合、誰にでも見られる症状のために見落とされやすい症状ですが、理解されずに学業や社会生活などに支障をきたすことも多く、周囲の理解が重要となります。最後に学習障害ですが、これは全体的な知的発達に異常は見られずに、読み書きや計算など特定の技能の習得だけができない障害です。学習能力に影響があるため、知的障害と認識されることがありますが、知的発達に問題は無く、詳しい原因は解明されていません。

悩まずに医師に相談しよう

発達障害は子供の病気と考えている方が多いのですが、実際は大人の患者も多いのが現状で、基本的な症状に大きな違いはありません。子供のうちに発達障害と診断された方の3分の1の方が思春期までに症状が無くなり、3分の1の方が大人になっても症状が残るが、私生活に影響はほとんど見られず、残りの方が私生活にも影響が見られると言われています。発達障害は周囲の理解が重要となるため、子供のうちは学校や家庭で見守られることで私生活に影響が出ないことが多いのですが、大人になると社会生活や結婚生活など、自立する必要があるため、1人で悩んでいる患者が多く存在します。以前は18歳未満の子供にしか発達障害の薬は処方できなかったのですが、最近では大人の患者でも使用できる薬も処方されているので、1人で悩まずに気になる症状が見られる方は、専門の医師に相談してみましょう。発達障害は脳機能の障害と考えられていますが、原因などは解明されていないのが現状です。そのため、診断は血液検査などでは行わず、基本的には医師の診断により判明します。また、自己診断のチェックでも参考程度に確認することは可能なので、不安な方はインターネットなどで検索してみましょう。