障害を受け入れ楽に生きる

先生

症状に気づき早めの治療

社会生活で上手く適応ができない症状を発達障害と言います。この発達障害にもいろいろな種類があり、特徴的な症状が目立ってしまうため、生活に支障が出てしまうことも少なくありません。発達障害は2歳ごろから症状が表れてくると言われていますが、この年頃で判断していくのは専門家でない限りは難しくなります。また、子供特有の症状として見られてしまいがちなので、気づかないことも多いです。しかし、この見過ごされてきたことで、大人になってから人間関係や仕事で苦労する人はたくさん見られます。その場の雰囲気を乱してしまったり、仕事で間違いをすることが多いので転職を繰り返してしまうのです。発達障害は脳の先天性の障害や発達の異常となってしまうので、治療をしていかなければ症状は治まりません。できることなら、幼少期の頃から専門的な教育を受けていけば、大人になって困ることも少なくなるでしょう。発達段階の子供なら、この時期に受けた教育は大人になっても影響してくるので、早い時期での治療は効果的です。主に育児をしている親が、その症状に早い段階で気付いていくことが大切です。また、大人になって気付いたとしても、治療を受けることは遅くはありません。医師による指導や薬による効果で症状も少しは落ち着いてくるでしょうし、今まで悩んできたことが解消されます。この場合は、家族や職場の人に理解を求めていくことも大切なので、信頼できる人に報告することで気持ちもだいぶん楽になります。

特徴的な症状と専門機関

発達障害に見られる症状には、多動性や注意欠如に人間関係の柔軟性の低下などが挙げられます。他にも学習障害などもあり、これは通常の人より理解力が少ないことで勉強や仕事も困難になってしまいます。症状の特徴としては、多動性は落ち着きがなく集中力がほとんどありません。注意欠如は物忘れや判断力が遅いなどが見られ、整理整頓ができない特徴もあります。人間関係が上手くいかない症状は自閉症に多く、人への思いやりが欠けてしまうため、自己中心的と見られがちです。このような症状は幼少期の頃から見られてきますが、成長するにつれて徐々に目立ってくるようになります。このため、周りからは扱いにくい人や変わっている人と思われることも多いのです。これも一種の個性と捉える人もいますが、発達障害の研究が進んだ今では特徴的な症状として知られるようになってきました。本人にいたっては大人になるまで気づかない人も多いですが、いろいろな情報から疑いを持つこともよくあるようになりました。精神科や心療内科でも発達障害の治療が積極的に行われるようになり、悩んでいる人の味方として親身になって対応してくれます。子供の場合は一部の小児科や、療育施設などでそれぞれの発達に合わせた教育が行われています。このような専門機関はオープンな雰囲気を心掛けているので、見学や相談だけでも受け入れてくれます。まずはその特徴を知り、当てはまるようなら何らかの形で行動していくようにすれば、いい方向へ変わっていけるでしょう。

生まれつきの障害

男女

発達障害は生まれつき脳の機能の発達が通常と異なっている状態の障害で、幼児頃に症状が現れることが一般的に多いとされていますが、最近では大人になってから発覚するというケースも増えてきています。また生活環境などによっても症状が異なってきます。

知って深める特性

悩み

発達障害には一人一人、大きな個人差があります。その中でも周囲の協力や理解、支援等で少しでも症状が軽くなることがあるのです。多くの人が良い暮らしをするためには、いろいろなことをよく知って深めることが大切なのではないでしょうか。

もしかすると障害かも

病院

発達障害は、しばしば自分の育った環境や自分の努力が足りないなど、理解が困難な分、間違った方向に解釈してしまい、余計に苦しんでしまうケースもあります。発達障害は脳の発達が原因であるので、適切な治療が施されればよくなるということを知ってほしいものです。

症状に気付いた時の対処法

女性

発達障害とは、成長の過程で周りの人より身につく能力が後れる症状を言い、子供だけでなく大人にも見られる症状です。周囲の理解が重要な病気ですが、大人の場合、自立を要求されることも多いため、医師の治療も重要となります。最近では大人用の薬もあるため、症状に気付いた場合は、すぐに医師に相談しましょう。